女性でも安心して借りれる

Posted by suta33 on 4月 17th, 2015 — Posted in 未分類

まだ今は、とてもありがたい無利息OKのサービスを提供してくれているのは、消費者金融系と言われている会社のキャッシングによる融資だけとなっています。しかし、とてもありがたい無利息でのキャッシングをすることができる日数には限度があってほとんどが30日間です。

あっという間になんとしても借りたい金額がお手軽にキャッシングできるのは、アコムとかアイフルなどで展開している利用者急増中の即日キャッシングなのです。簡単に申し込める審査にパスすれば、その日のうちに十分な額のキャッシングが可能なありがたいサービスです。

キャッシングって利用申込は、そんなに変わらないように見えても金利がとてもお得とか、完全無利息という特典の期間の有無など、キャッシングというもののアピールポイントは、キャッシング会社の方針によって異なるのです。

やはり審査なんて堅苦しい単語を聞いてしまうと、すごく大掛かりに感じてしまう方が多いというのも確かですが、大丈夫です。通常は審査のためのデータやマニュアルを使って、申込んだ後はキャッシング業者だけでやってもらえるというわけです。

当然のことながら、大人気のカードローンではありますが、計画をたてずに利用方法を間違えてしまうと、返済することが難しい多重債務を生む元凶になるわけです。やっぱりローンは、業者からお金を借りたのであるということを完済するまで覚えておいてください。

即日キャッシングは、融資のための審査基準を満たしていれば、あとは短時間でお金を調達できるキャッシングなんです。お金がなくて危ない状況っていうのは誰にも予想できません。きっと即日キャッシングというのは、なによりもありがたいと思うことになるはずです。

たくさんのキャッシング会社から選択して、新規に申し込みを行うことになっても、選んだところで即日キャッシングで融資してくれる、のはいつまでかも肝心なことですから、絶対にみて思ったとおりに行くのなら会社に申し込みを行うことが大切です。

長期ではなく、借入から30日あれば完済可能な金額だけについて、キャッシングの融資を利用することにするなら、借入からしばらくは本来の利息払わなくてもいい話題の「無利息」のキャッシングをこの機会に使ってみるというのもおススメです。

銀行からの融資金額は、融資総額の規制をする総量規制の対象にならないので、カードローンなら、なるべく銀行がいいと考えられます。融資の上限を定めて、申込んだ人の年収の3分の1以上は、例外を除き融資することはいけないという規制というわけです。

わずかな期間で、複数の金融機関やカードローン会社、キャッシング会社に、次々とキャッシングの申込が判明した方については、現金確保のために走り回っているような、疑念を抱かせるので、事前審査では悪い方に働きます。

もし新規にキャッシングを迷っているなら、前もっての比較が絶対に欠かせません。もしキャッシングでの申込をする際には、それぞれの業者の利子についてもじっくりと比較検討しておくことが肝心です。

希望すればキャッシングがすぐに対応できる融資サービス(ローン)は、けっこうありまして、消費者金融業者(アコムとかプロミスなど)がやっている融資ももちろんですし、銀行のカードローンについても、あっという間に融資が受けられるわけですから、即日キャッシングだと言えます。

書かれていることが最も多いのはおそらくキャッシング、そしてカードローンだと考えられるわけです。この違いをはっきり教えてもらえませんか?なんて問い合わせが送られてくることが多いのですが、深く追求すれば、返済金と利子に関する取扱いなどが、少々違っているぐらいしか見当たりません。

あまり知られていませんがお金が足りないという問題は、女性のほうが男性に比べて多いらしいのです。今からは今よりもずっと使い勝手の良い女の人のために開発された、特徴のある即日キャッシングサービスがたくさんになってくれるといいんじゃないかと思います。

女性に人気のカードローン

カードローンの会社の種類には、信販系(クレジットカード会社)、審査が早くて人気のアコムとかプロミスなど消費者金融系の会社といったものがあるのをご存知でしょうか?中でもやはり銀行関連の会社は、申し込んで審査完了までの時間を要し、うまく即日融資をすることが、できないケースもけっこうあります。

お金がなくて困った時。

Posted by suta33 on 4月 1st, 2015 — Posted in 未分類

お金がなくて困った時の対処法は、まずは身近な人にお金を借りました。

家を借りるときにお金が必要だったので貸してもらいました。人にお金って借りたことがなかったのでかなり抵抗がありました。でも仕方がなかったのでありがたく借りました。短大の学費が足りなくて困ったことがあってそのときは親戚から借りることができました。両親もお金が足りないなら言ってくれていたら奨学金を借りる手続きをしたのですが、ぎりぎりになっていったので、本当に親戚から借りれないと退学だったので助かりました。

お金に困っているときは、早目にいっておくと周囲の人にも借りやすくなります。身近な人に借りずに金融会社で借りるのでもよく考えるとよかったのですが、その時は、金融会社でお金を借りるのはなんだか怖いってイメージがありました。

若いわたしにとっては敷居が高かったし、学生でお金は貸して貰えたかも分からないです。身近な人だと金利がつかないのはいいですが、返した後でもお金借りた話になるのが少しめんどくさいです。いまでは、金利がつかないってこういうことがあるから仕方ないって割り切っています。次にちょっとお金に困ったときはものを売ったりしてしのぎました。大分前につきあっていた彼氏からもらったアクセサリーとか鞄とかブランドものだったので、そこそこ高額で売れたのでほっとしました。本とかCDやDVDなども意外と売れます。ものを売ってお金になったので、どうせプレゼント貰うなら同じ値段ならノーブランドのものより、ブランドもののほうが質草になっていいなってなんて思ったりもしました。

ノーブランドのアクセサリーでも金やプラチナを使っていると買い取ってくれるのでもらうときは金のがいいとかそういうとこもいっておねだりしています。

先日、学生の頃の先生が亡くなり、急遽お葬式に行くことになってしまい、私はお葬式に出たことがなかったので急いでレディース物の喪服を購入しました。※喪服レディース

やはりいつ何があるか分からないから早めに一着は購入しておけばバタバタしなくて済んだんですけどね・・・

 

私のいくつかあるコンプレックスについて

Posted by suta33 on 3月 3rd, 2015 — Posted in 未分類

私にはコンプレックスはたくさんあります。まず一番のコンプレックスは太っていることです。

8年ほど前に長女を妊娠して、体重が15キロほど体重が増えてしまいました。そ後10キロほど減ったのですが、3年後には次男を妊娠し、また10キロほど体重が増えてしまいました。

次男を出産後5キロ減ったのですが、結局10キロオーバーのまま現在に至ります。どうしても太っていることによって、中身も卑屈になってしまう部分があります。現在もダイエット継続中ですが、うまくいっていないのが現状です。

体重が増加してから友人が個別レッスンのジムに通っていて紹介で入ると入会金が無料っていうのを知っていくことにしました。ウエアとか何も持っていなかったのでローンを組んでいろいろと揃えました。

参考→主婦・専業主婦がカードローンでお金を借りる方法|内緒で即日借りれる

そこまでしたのにも関わらず、子供が病気をしたり、家の用事だったりで思うように通うことが出来ず結局は辞めてしまいました。お金の無駄をしました。このことは夫には絶対に言えませんね((+_+))

太っていると、お気に入りの洋服を見つけても、どうせ太っているということでひとくくりにされてしまうだろうと思って、お洒落をする気にもなりません。なんとか、化粧は人並みにしているつもりですが、太っているということが常につきまといます。

外見の悩みと言えば、おでこが狭いこともコンプレックスです。前髪をおろすとどうしても似合わないので、常に前髪を伸ばして、一つに結ぶスタイルです。もし、前髪をおろそうとするならば、いつも眉毛よりも下に切ってもらい、目にかかるかかからないか位の長さにしてもらっています。外見の悩みを言えばキリがありませんが、お尻と胸が大きいこともコンプレックスです。自分では姿勢正しくしているつもりでも、周囲からは猫背に見られがちです。モデルさんのようにスッキリとしたスタイルと姿勢を手に入れたいものです。

外見のコンプレックスだけではなく、内気な性格もコンプレックスです。人見知りも激しい性格なので、初対面の人や、自分の苦手なタイプの人に積極的に話しかけることができません。そのため、幼稚園や小学校に行くと、人間関係で非常に苦労しています。なんとか、内気な性格を打破したいものです。

先週の休日は節約とダイエットを含めお弁当を作って家族で公園に行きましたよ~アスレチックを子供たちと混じってしたりして少し運動してきました。翌日しっかりと筋肉痛になりましたけど・・・(笑)

手作り弁当 ピクニック

 

常に金欠だった学生生活

Posted by suta33 on 2月 14th, 2015 — Posted in 未分類

成人する直前の大学生は少し大人になったような気持ちが芽生えていて、大学に入ってからの経験はとても新鮮に感じることが多いです。サークルに入ると付き合いがとても大事になり、飲み会や交流会があると参加していく必要があります。

大学の授業は高校までの内容と全く違うので仲間同士でしっかり助け合って協力できるように、人間関係も作っていくのが大切でありコミュニケーションを優先していきます。学生時代は暇な時間があっても常に仲間と一緒にいて一人でいる時間は少なかったです。

コミュニケーションはとてもお金がかかります。学食や軽食店で仲間と話をしていると、何かを注文しなければいけません。今の世の中で何かをするためには必ずお金が必要となってきますので、学生時代は常に金欠になります。

そのためバイトをする時間を作りお金を稼がなければ、築き上げてきた人間関係を維持することが難しくなります。なぜならば、人間関係は離れている時間が長ければ長いほど薄れていく傾向にあるからです。

仲間同士のコミュニケーションはあまり間を開けず定期的にとっていくことが大事ですが、仲間と一緒にいる時間が長ければ長いほどお金も多く使うので大金が必要になってきます。

しかし学生の間は大金を稼ぐことができないので、必ずお金が足りなくなる時が出てきます。もしバイトをしているならば、店長に給料の前借を頼んでお金をもらいピンチから脱出します。バイトしていない時は身内に相談してお金を借ります。

また学生ローンなどでお金を借りるのも一つの方法ですね。≪http://www.gakuseikariire.com/

学生時代にお金を貯めるため節約をする人は少ないですが、友人関係や恋人関係維持のためにお金を使うので節約することは大事です。お惣菜を買う時に店側が値引きをする時間を狙って買い物に行き出費を抑えたり、特売のチラシを参考にして無駄な買い物をしないで計画的な買い物をしていきます。

その結果自由にできるお金が増えるので人間関係を幅広く増やしていくことができます。金欠になったときは無理をせずお金を貯めることに専念した方がいいでしょう。

個人事業をはじめた時の資金繰り。

Posted by suta33 on 1月 8th, 2015 — Posted in 未分類

現在私は個人で事業をしており、従業員を雇うことができるようになって家族にも普通の暮らしをさせてやることができるようになりました。

最初の頃は資金繰りで走りまいしたり、個人事業主でも借り入れのできる金融会社を探してお金を借りたりして何とか今日に繋げることができています。

参考に・・・個人事業主・自営業者の借り入れ|事業者専用ローンで借りれます

そんな私の学生生活は1964年から1968年の4年間でした。18歳から22歳までの間でしたが人生最高に幸せな楽しい思い出深い時期でした。
私は田舎から上京し、同じ県の学生だけの寮へ入りました。一部屋2人でした。同じ高校の出身者もいましたが当然違う高校の出身者が大勢おりました。
全員で100名でした。日曜日を除いて朝食と夕食付でした。下宿している人より相当安く上がりました。寮は楽しかったです。
1年生の時は4年生がおっさんに見えました。でもしごきなどはなく親入生歓迎会とか寮祭、卒業生送別会などイベントが結構あり、
お酒が入ると皆で肩を組んで県歌「信濃の国」を歌いました。皆泣きながら歌いました。

当時は列車で7時間くらいかかりましたので東京は遠かったのです。まだ国民も貧乏な時代でそうそう帰れる時代ではありませんでした。
列車代が惜しかったのです。寮には寮長さんと寮母さん3人がおり良くしてくれました。軍人会が戦前設立した寮でいまだに建て替えはして個室ですが続いております。

大学生活も楽しかったです。1・2年生の時は杉並の和泉校舎へ通いました。友人もすぐできクラスの人達と学食などで昼食を摂りました。
1・2年生は教養部ですので高校の時の復習のような科目が多かったと思いますが、専門科目も1年生からありました。
2年生の後半からはゼミが始まりました。ゼミは試験があり全員が入れるわけではありませんが、私は経営学のゼミに受かりました。
それからはゼミの皆と行動することが多くなりました。合宿も3回伊豆大島へ行きました。船酔いしました。

ゼミ旅行も年2回あり関東近辺へ行きました。6大学野球の応援も楽しかったです。ゼミの友達とは終生の友です。
私の大学は学生同士や校友ともきずなが深く、ゼミ総会には先輩も大勢見えました。
当時はまだ詰襟の時代で地味な時代でしたが、本当に楽しい大学生活でした。

毎月赤字になっています

Posted by suta33 on 12月 27th, 2014 — Posted in 未分類

生活費に困った時に、今まで集めていたCDやゲーム、雑誌などを全部売り払いました。
全部で10万円近くになったので、その時は何とか生活できました。

私はお金遣いが荒いのか、貯金が全然できません。
私の家族も浪費家なので、子供の頃からずっと貧乏です。

父親はギャンブルが大好きで、カードで借金してまでパチンコや競馬をしています。
毎月のように生活費が足りなくなるので、お金がなくなると、クレジットカードで1万円ほど借りています。

ギャンブルをやめてくれたら生活が楽になるのですが、父親はとても怖い人なので、何も言うことができません。

これからは消費税も上がって、ますます生活が苦しくなるので、少しでも給料が上がるといいなぁと思います。