常に金欠だった学生生活

Posted by suta33 on 2月 14th, 2015 — Posted in 未分類

成人する直前の大学生は少し大人になったような気持ちが芽生えていて、大学に入ってからの経験はとても新鮮に感じることが多いです。サークルに入ると付き合いがとても大事になり、飲み会や交流会があると参加していく必要があります。

大学の授業は高校までの内容と全く違うので仲間同士でしっかり助け合って協力できるように、人間関係も作っていくのが大切でありコミュニケーションを優先していきます。学生時代は暇な時間があっても常に仲間と一緒にいて一人でいる時間は少なかったです。

コミュニケーションはとてもお金がかかります。学食や軽食店で仲間と話をしていると、何かを注文しなければいけません。今の世の中で何かをするためには必ずお金が必要となってきますので、学生時代は常に金欠になります。

そのためバイトをする時間を作りお金を稼がなければ、築き上げてきた人間関係を維持することが難しくなります。なぜならば、人間関係は離れている時間が長ければ長いほど薄れていく傾向にあるからです。

仲間同士のコミュニケーションはあまり間を開けず定期的にとっていくことが大事ですが、仲間と一緒にいる時間が長ければ長いほどお金も多く使うので大金が必要になってきます。

しかし学生の間は大金を稼ぐことができないので、必ずお金が足りなくなる時が出てきます。もしバイトをしているならば、店長に給料の前借を頼んでお金をもらいピンチから脱出します。バイトしていない時は身内に相談してお金を借ります。

また学生ローンなどでお金を借りるのも一つの方法ですね。≪http://www.gakuseikariire.com/

学生時代にお金を貯めるため節約をする人は少ないですが、友人関係や恋人関係維持のためにお金を使うので節約することは大事です。お惣菜を買う時に店側が値引きをする時間を狙って買い物に行き出費を抑えたり、特売のチラシを参考にして無駄な買い物をしないで計画的な買い物をしていきます。

その結果自由にできるお金が増えるので人間関係を幅広く増やしていくことができます。金欠になったときは無理をせずお金を貯めることに専念した方がいいでしょう。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ